遅読家の本の思い出

とにかく本を読むのが遅い私による読書歴

【読了】水木サンの幸福論

f:id:caolix:20190414195936j:plain

 2018年7月 読了

生前、水木サンは「しないではいられないことをし続けなさい」とか「怠け者になりなさい」という名言を残されていた。
恐らく、多くの人がそれを真に受けて「自分はこのままでいいんだ」と勘違いをしている人も多いのではないかと思う。安心して欲しい、自分もその中の一人である。

好きなことだけやってればいい。そう思うのは、一種の自己肯定でもあるだろう。
それもありだ。

だがしかし!

実際の水木サンは努力家というか、思考の人だったのではないかと、周囲にいた方たちのエピソードなどを聞くとそう感じる。

例えば…孫弟子にあたる、京極夏彦先生が「ほぼ日」で受けたインタビューでは

京極 「のんびり、やりなさい」なんて言うじゃないですか。
「なまけものになりなさい」と、若者たちに。
これ、ちょっと聞くと
「あくせく働いてもしょうがないよ」って
メッセージだと、思うでしょ?
糸井  そう聞こえますが。
京極  違うんです。
糸井  ‥‥うん(笑)。
京極 「怠けていても食えるような人間になれ」ってことなんです。
糸井 そうだと思った(笑)。
京極 「水木さんは、天才でお金もあるから怠けられるんです」と。
「才能のない人は働かないと餓死するだけですよ」と言って、
わはははっとお笑いになる。

「ほぼ日」の睡眠論
京極夏彦はいつ眠るのか。第2回目

www.1101.com

 

あと京極先生はどこかで言っていた言葉が
「水木先生はウケるものを描く為の努力は一切しません。が、自分の描きたいものをウケるようにする努力は並大抵のものではありません。」
ソースがどこかが分からないけど、努力のかけ方が違うっていうのが分かりますよね。
好きなことをし続けられるようなことに対しては努力しているんだってこと。

 

あるテレビ番組ではこういっていたからね

f:id:caolix:20210415212318j:plain

本当にブーム起こしてみたいねw

 

 

現代ビジネスに生前最後のインタビューっていうのが掲載されているのですが、そこでもまた手厳しいことを仰られてました。

――漫画を描く上で、つきあっていて影響を受けたり、参考になったりした人物は居ましたか。

水木 居るにはいましたが、それほどでもないねえ。99パーセントは馬鹿だから、話せる人間は百人に一人ですよ。

――性に合わない人間ともつきあうべきだ(*136ページ参照)というようなことをゲーテはいっていますが、水木先生もそんな人たちともつきあってきましたか。

水木 馬鹿な編集者がきてもマネーのためにOKして、向こうがいっていることを理解してやるわけですよ。

――馬鹿な編集者が多かったですか。

水木 多いんじゃないですか、給料をもらっている人間の多くは餓死する心配がないから、あまり努力はしないし、自分を解放する技術というものがない。編集者に限らず、サラリーマンの8~9割が馬鹿なんじゃないですか。

――では、そういう馬鹿は、どうやって生きていけばいいのでしょう。

水木 自分を理解することが大事ですよ。自分のことを正しく見られない人っていうのは勘も鈍いし、成功や幸せとは縁遠い。水木サンのように、ゲーテを暗記するまで読むのはいいことです。

――知識ではなく教養を身につけないといけないわけですね。

水木 そうすれば水木サンのように頭が進みますよ。勘が鈍くて馬鹿なグループからひとりでも脱出できれば、世の中がよい方向に進むんじゃないですか(笑)。

 

gendai.ismedia.jp

 

もしかして、この方は昭和最初のマーケター?
マネーのためなら、おバカにも寄り添う。
そんな老獪なおじい様の幸福論です。
色んなものを乗り越えてきたから、そうなれたということでしょうか?

これからの人生に上手く生かしたい水木サンのお言葉でした。

 

水木サンの幸福論 (角川文庫)

水木サンの幸福論 (角川文庫)